Mori@Forestのイロイロブログ

鉄道と模型と旅行が好きな大学生のブログです。

俺のブログへようこそ!  こんな記事ですが、ゆっくりしていってください! 鉄道コム参加中! Welcome to my blog. The language in this blog is Japanese only.
アクセスカウンター
鉄道コム

相鉄8000系、YOKOHAMA NAVYBLUEになって出場。

3月11日に相鉄8000系8709Fがリニューアルを終え試運転を行いました。

 

都心乗り入れに向けたイメージアップの一環で進められている

YOKOHAMA NAVYBLUE(ヨコハマネイビーブルー。以下、YNB塗装)への塗装変更。

相鉄8000系では初となるYNB塗装がついに姿を現しました。

 

見た目は大きく変わった!…でも中身はそのまま!?

f:id:TOQ5050:20200120002137p:plain

8000系8712F。この編成も近いうちにリニューアルされる予定。

今回のリニューアルでは塗装の変更前照灯の移設前面表示のフルカラーLED化がなされました。

しかし内装は座席のモケット張替えのみに留まり、車内案内表示も従来のLED式のままとなっています。(9000系は液晶ディスプレイ式に交換)

必要最低限とも見られる施工内容。これにはある事情が予想されます。

 

 

簡略化したリニューアル。目的は工期短縮?

f:id:TOQ5050:20200120002913p:plain

9000系はおよそ6か月をかけてリニューアルが行われた。

2016年から2019年にかけて進められた9000系のリニューアルでは、いずれの編成も大掛かりな施工内容になったため、入場してから出場するまでおよそ半年もかかりました。

リニューアルのため直近で入出場した編成を見てみると、

9704F 2017年6月入場→2017年11月出場

9706F 2018年6月入場→2018年12月出場

9707F 2019年3月入場→2019年10月出場

いずれの編成も入出場におよそ5~7か月かかっていることがわかります。


一方で今回出場した8709Fですが、昨年12月13日に入場し、今年の3月11日に試運転を行ったことから、リニューアルをおよそ3か月の期間で済ませたことになります。

f:id:TOQ5050:20190106134240j:plain

相鉄20000系。2020年度より量産車の導入が始まる。

また、相鉄では既存車両の置き換え用として20000系を計16本導入することを明らかにしています。

従来の車両を置き換えつつ所有車両をすべてYNB化する中で、9000系のリニューアルに手間がかかり過ぎたことから、リニューアルを簡略化・工期短縮のうえでYNB化を進めると予想されます。

印象としては、8000系が持っているブラックフェイスにYNB塗装がよくマッチしていていい感じだと思います。(側面は9000系と全く同じ)

JRの車両をベースにして製造した10000系や11000系のYNB塗装も見てみたいですね~

 

↓鉄道コム ブログランキング参加中!

f:id:TOQ5050:20190615123349p:plain

 

にほんブログブログリンク参加中!

↓よかったらワンクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へ

アクセスカウンター
鉄道コム