Mori@Forestのイロイロブログ

鉄道と模型と旅行が好きな大学生のブログです。

俺のブログへようこそ!  こんな記事ですが、ゆっくりしていってください! 鉄道コム参加中! Welcome to my blog. The language in this blog is Japanese only.
アクセスカウンター
鉄道コム

2020.09.20 久しぶりに横浜市電保存館へ行ってみた。

最近では秋学期になってようやく(一部ですが)対面授業が再開されて、少しずつ元の生活に戻りつつあります。

今回は大学の課題制作の一環で訪れた横浜市電保存館の様子です。

 

f:id:TOQ5050:20200920155849j:plain

おそらく中2の時以来、実に6年ぶりとなる市電保存館。

駐車場の上に建つのは「しでんほーる」というホールで、展覧会など多目的に使用されています。

 

続きを読む

【コラム】関東大手私鉄にホームドアを流行らせるきっかけになった「京急一新しい駅」

2010年10月21日に開業した羽田空港第3ターミナル駅は、今年で開業10周年を迎えました。中でも話題になった設備としてホームドアを挙げる人は多いと思います。

 

異例!? 空港ならではの設置目的とは?

f:id:TOQ5050:20181125130100j:plain

写真は第1・第2ターミナル駅(旧:国内線ターミナル駅)のホームドア。
続きを読む

【コラム】気が付いたら減っていた!? 相鉄の新塗装車両

f:id:TOQ5050:20190623123734j:plain

相鉄では都心直通に向けたプロジェクトの一環で、YOKOHAMA NAVYBLUEへの塗装変更(以下:YNB化)を行っています。既存車の改造を進める一方で、新型車両の導入も進んでいます。

一方、それまで沢山走っていた新塗装は日を追うごとに次々と減っており、そろそろこれも記録しておいた方が良いのではないかと思います。

今回は、そんな相鉄の新塗装がどれだけ残っているかチェックしたいと思います。

 

※注意※

このページにおいて新塗装とは2007年のCI導入と同時に施された青とオレンジを基調とする塗装を指します。

新塗装車の本数は2020年10月現在のものです。

 

続きを読む

【コラム】ブルーラインで新車が次々と導入される可能性について

f:id:TOQ5050:20190731172804j:plain

ブルーラインでは最古参の3241F(第24編成)。2018年撮影。

近年、車両の動きが激しい神奈川の鉄道。

このうちブルーラインでは、2007年に1000形と2000形が引退し、2017年に3000V形が登場した以外は車両における動きはしばらくありませんでした。

その後、3000A形が3000V形によって2023年度までに置き換えられることが明らかにされました。

しかし私はこの他にも新型車両が立て続けに導入されるのではないかと予想します。

 

続きを読む

アクセスカウンター
鉄道コム