Mori@Forestのイロイロブログ

鉄道、外出、写真撮影が好きな高校生のブログです。

俺のブログへようこそ!  こんな記事ですが、ゆっくりしていってください! Welcome to my blog. The language in this blog is Japanese only.
アクセスカウンター
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

2018-10-28 東京をぶらり。

テストのためにまたしても放置…。

よし、頑張って更新せねば…(汗)

 

ということで今回は、受験終了以来久しぶりとなる東京観光。

東京メトロ千代田線にて6000系の特別運行があるということなのでそれを目当てに行ってきました~*1

 

f:id:TOQ5050:20181028122121j:plain

 

行く途中で訪れたJR品川駅京浜東北線のホーム。

山手線新駅設置に伴うためで、3番線は使用中ですがかつて4番線があった所は封鎖され線路も撤去されていました。*2

6000系到着まで時間があったので、適当にアキバで時間をつぶし、新御茶ノ水駅へ移動。

*3

f:id:TOQ5050:20181028133801j:plain

何本か電車を見送って、数分後。

 

f:id:TOQ5050:20181028135118j:plain

 

 やってきました!

今回のお目当て、6000系電車です!

今回乗車するのは累計36本製造された中で、量産第一号にあたる6102F。

1971年にデビューし、今年で47年目に突入したベテランです。

6130Fと共に最後まで残っていましたが、千代田線でのATO使用開始に伴い引退が決まりました。

 

そんな6102Fに乗車。霞ヶ関駅まで乗車します。

 

f:id:TOQ5050:20181028135206j:plain

 

6000系の特徴の一つである、小さい窓を持つドア。別名「監獄ドア」

何年か前に行われた更新工事では大きな窓を持つドアに交換されましたが、初期に施工された車両ではドア窓が小さいまま残された車両もいました。

 

f:id:TOQ5050:20181028135433j:plain

(そういえば霞ヶ関行きって何気にレアな行先なんですよね…)

 

数分間の乗車もあっという間に過ぎていき、終点の霞ヶ関駅に到着。

 

f:id:TOQ5050:20181028140247j:plain

 

そうそう、綾瀬寄り先頭車である6002号車には、営団マークが復刻されていました。

ちょっとタイムスリップした気分ですね…(笑)

 

その後、6102Fは引き上げ線に入り、綾瀬方面に折り返します。

 

f:id:TOQ5050:20181028141951j:plain

 

綾瀬行きとして折り返します。

 もちろん綾瀬行きにも乗車します。

 

 途中の日比谷駅では、稼働を開始して間もないホームドアとの共演が実現。

 

f:id:TOQ5050:20181028142309j:plain

 

千代田線の新時代を感じさせる1枚になりました。

 新御茶ノ水駅で下車します。

 

f:id:TOQ5050:20181028142954j:plain

 

ここで6102Fを見送り、地上へ出ます。

しんお

f:id:TOQ5050:20181028143721j:plain

新御茶ノ水駅から歩いたところにある「聖橋」という橋。

ここは地下鉄丸ノ内線の有名撮影スポットとして知られています。

向こうに見えるのは秋葉原の街並みです。

 

f:id:TOQ5050:20181028143911j:plain

地下鉄電車が川を鉄橋で超え、その真上をJR総武線がオーバークロスする珍しいスポット。

ちなみに写真に写っている丸ノ内線02系電車も、6000系と同様新型車両への置き換えが決定。この写真が過去の風景になる日は近いかも…?*4

 

その後は銀座線に乗車し、浅草へ向かいます。

 

f:id:TOQ5050:20181028162748j:plain

 

浅草に来たらやっぱり外せないのが、ここ「浅草寺」。

 学校での遠足できて以来1年ぶりにきました。

 

f:id:TOQ5050:20181028164032j:plain

 

スカイツリー

その後はお参りを済ませ、家路につきました。*5

*1:10月5日に定期運行を終了。その後は土日一往復限定で臨時列車として運行し、11月11日を以って完全に引退。

*2:ちなみにその駅名は12月4日に「高輪ゲートウェイ」に決まった模様。最近ありがちなタイプの駅名だったのか、評価は お 察 し く だ さ い 

*3:駅名こそ違うが、実は秋葉原駅から歩いて行ける距離だったりする(個人差あり)

*4:その新型車両の名は「2000系」。丸ノ内線初代車両300形を彷彿とさせる赤い車体やサインウェーブをまとって2020年に登場する予定。ちなみに地下鉄を走る通勤型では珍しく、車内にコンセントを装備する予定。

*5:何をお願いしたかって?ご想像にお任せします。

2018-10-20 LSE最後のお披露目!小田急ファミリー鉄道展2018

2週間前に大学合格した僕ですが、

受かったのをいいことに、早速鉄道イベントに参加してきました(笑)

(受かったから行っちゃっていいよね?イイヨネ?ダメなんて理由はナイy(ry

 

ということで、10月20日、21日に開催された「小田急ファミリー鉄道展2018」に行ってきたのでレポート。

 

f:id:TOQ5050:20181020124005j:plain

 

最寄駅からは京急と相鉄を使って移動。

途中では高架線完全切り替え1か月前を迎えた星川駅を通りました。*1

 

途中でなんか見慣れない車両にすれ違ったのですが、「まさかな」と思い、有名撮影地の一つ、鶴ヶ峰駅ホーム先端で待ち構えてみることに。

f:id:TOQ5050:20181020132046j:plain

 

いつまでたっても紺色一色にならない相鉄9000系トップナンバーの9701F。

それから数分後…

 

f:id:TOQ5050:20181020132327j:plain

(やっべ失敗した)

これこれ、相鉄の最新鋭20000系電車でございます。

東急線直通用の車両で、9000系に続く「YOKOHAMA NAVY BLUEを採用した車両です。*2

 

やってきた各駅停車に乗って、海老名駅へ急ぎます。

 

f:id:TOQ5050:20181020140227j:plain

 

海老名駅に到着。

最近では西口から歩いてすぐの所にららぽーと海老名がオープンしたらしく、家族連れが多い印象でした。

そうそう、2021年には小田急の歴代ロマンスカーが展示保存される「ロマンスカーミュージアム」が開館するそうで、駅前にモニュメント(というのかな?)が設置されています。

では会場へ。

f:id:TOQ5050:20181020140513j:plain

 

会場入ってすぐの所に小田急の事業用車両が。

しかし今回のメインが人気があまりにも凄まじかったのか、あまり写真を撮っている人はいませんでした。

 

では、今回のメイン登場⇓

 

f:id:TOQ5050:20181020141254j:plain

 

小田急ロマンスカー最古参、LSEこと7000形です。

作者が面接を受ける前日の13日に引退したこの車両。ロマンスカーミュージアム会館前最後のお披露目という事で多くの撮り鉄が集結。

 

f:id:TOQ5050:20181020141403j:plain

正面から。

f:id:TOQ5050:20181020141937j:plain

別角度から。

f:id:TOQ5050:20181020142337j:plain

LSEの特徴の一つ、連接台車。

LSEの引退により、小田急の連接車はVSEのみとなります。

 

他にもいろいろ撮影。

 

f:id:TOQ5050:20181020142759j:plain

箱根登山カラー(ベルニナ色)の小田急1000形通勤車。

f:id:TOQ5050:20181020142507j:plain

分割併合ができるMSE(左)とEXE(右)

そんなこんなでイベント終了時刻になり家路につくことに。

 

帰りは運用サイトで調べるなどしてあの車両が来るまで待ち伏せることに。

あの車両とは…

 

f:id:TOQ5050:20181020161701j:plain

 

何を隠そう、相鉄20000系です。

この車両に乗って横浜駅へ戻り、帰途に就きました。

(居心地よすぎて寝てしまったのはここだけの話)

 

*1:10月25日、相鉄から11月24日に高架線切り替えを行うことが発表された

*2:ただし東急直通線よりもJR直通線の方が先に開業する予定なので、先にJR線直通用新型車両12000系を増備し、それから20000系を増備する方針となっている

今後のブログの方針について(はてなブログ)

今後のブログですが、こちらは旅行記・撮影記をメインに据えたブログに切り替えます。

鉄道模型や鉄道ニュースなどはYahoo!ブログにて公開いたします。

リンクは⇓です。

blogs.yahoo.co.jp

 

祝 大学合格!

このたび、JR横浜線沿線の大学に合格いたしました!


ここまでの道のりは長く、決して平らな道ではありませんでしたが、ここまで来れたのは私を応援してくださった多くの人々のおかげだと考えています。

本当にありがとうございました!


今後も気まぐれではありますが、ずっと続いていけるペースでやって行こうと考えているので、これからも応援よろしくお願い致しますm(_ _)m


2018.10.20 ブログ管理人 Mori@Forest

2018-09-17 大さん橋へ行ってきた。

どうも、進路がほぼ決まり、面接練習に追われている作者です(苦笑)

最近涼しくなり、なんだかんだで過ごしやすくなりました。

 

先日、所用のついでに大さん橋へ行ってきました。

 

f:id:TOQ5050:20180917120928j:plain

 

大さん橋自体は小2か小3の頃に行ったことがあるのですが、その後は豪華客船を見る以外特に用がなく、行くことはありませんでした。

しかし、この大さん橋の中に鉄道ファン必見のスポットがオープンしたというので、今回久しぶりに(なんと約10年ぶり)に訪問しました。

 

写っている豪華客船。

左はかの有名な「飛鳥Ⅱ」、右は日本生まれでイギリスに籍を持つ「ダイアモンド・プリンセス」です。

作者は船に詳しくないのですが、かなり有名な豪華客船だそうです。

(しかも2隻並んでいる…!)

 

さて、中に入ってみましょう。

豪華客船を見ることも目的と言われればそうなんですが、

真の目的はコチラ↓です。

 

f:id:TOQ5050:20180917121337j:plain

 

おとどけいきゅうプラス横浜港大さん橋店です!

こちらは2017年4月に、東京都品川区にある鮫洲店(鮫洲駅構内)に続く2店舗目としてオープン。京急の沿線外に初の出店となっています。

作者の好きなBトレインショーティー鉄道コレクションプラレールなど種類が豊富です。

 

f:id:TOQ5050:20180917121620j:plain

店の中には引退した2000形のモックアップが。

f:id:TOQ5050:20180917123411j:plain

お顔こそレプリカですが、運転台などは実際に使われていた物を取り付けています。

子供向けの写真撮影にも使われているとか。

f:id:TOQ5050:20180917123227j:plain

つり革や、(あ、これ京急LOVEトレインのやつだ…)

f:id:TOQ5050:20180917123230j:plain

座席も本物を使用。

引退した後もこのフカフカの座席に座れるのは嬉しいこと。

f:id:TOQ5050:20180917122432j:plain

 

2000形モックアップの中には京急沿線をイメージしたジオラマがあります。

中華街の門を横に走る車両は1500形「京急120年のあゆみ号」です。

1500形にもまさか2100形のカラーリングがなされるとは…ネタ要素満載ですね(笑)

(ただし4両セットで税込み4800円也

 

f:id:TOQ5050:20180917122605j:plain

 

こちらに目を向けるとリラックマのラッピング電車が。

さらに埼玉県川口市から京急への里帰りを果たしたデハ230形デハ236が陸送されている姿が…!?

来年オープンする新本社での展示が楽しみです!

 

買い物を終えた後は、

f:id:TOQ5050:20180917135008j:plain

 

豪華客船同士のツーショットと、

 

f:id:TOQ5050:20180917134956j:plain

 

みなとみらいの風景を撮影して帰宅しました。

(なんか知らないうちに高層ビルが増えてる…)

 

f:id:TOQ5050:20180917171553j:plain

 

今回買ったBトレです。京急600形ブルスカのリラックマラッピングです。

(…写っているのはコリラックマとチャイロイコグマリラックマは居ませんが…(苦笑))

 

最近のBトレは年を追うごとに値上げが続いていて、こちらの青いリラックマ2両セットで税込み2300円!(ちなみに5年前は2両セットで約1200円の物が多かったです)

増税だったり人件費の上昇だったりと色々な問題が絡んできたせいで高級品(?)になってしまったBトレインショーティー。お手軽とはもはや名乗れないレベルにまで来ています。

 

(ちなみに最近はJR九州の特急ソニックでおなじみ883系北海道新幹線E5系もありますがフル編成化+Nゲージで走行可能にすると、必要な金額がKATOやTOMIXの製品レベルに達してしまうことも…つまりNゲージ買った方が実は安かったという事例もあるんだとか。もはやショーティーモデルしかメリットが無い…)

 

f:id:TOQ5050:20180924002913j:plain

実は2週間前にも京急の新作Bトレを買っていたりします。

京急1500形。2両セットでこちらも税込み2300円也

 

他にもジオラマに出てきた京急120年のあゆみ号も買いたいところですが、

資金不足と受験を控えていることもあるので、もう少し落ち着いたら買おうかなと思います。

 

ちなみに関西私鉄もスルッとKANSAIや鉄道会社独自でBトレインショーティーを展開していますが、2016年以降は新作の話が出ていないので、当面は在庫処分が続くと見られます。(阪急や京阪、南海は何気に種類豊富だったりするんですよね)

2018-04-07 BトレインでMyモヤを作る -Sotetsu Series Moya700 Original Version- Part3

怒涛の2日連続更新…!!

今回は完成した車両を公開します。

 

f:id:TOQ5050:20180628205833j:plain

2編成を連結した図です。

手前からモヤ701、モヤ702、モヤ703、モヤ704。

モヤ701の検測用パンタグラフが目立っています(笑)

 

せっかくなので製品版と比較してみましょう!

f:id:TOQ5050:20180628205916j:plain

上:既製品

下:改造品

 

黄色の色合いが微妙に違う以外は殆ど差はありません。

 

f:id:TOQ5050:20180628205934j:plain

横浜寄りの先頭車です。

左:モヤ701(改造品) 右:モヤ703(既製品)

モヤ701の行先表示を埋めた跡がうっすらと残っています…(苦笑)

 

f:id:TOQ5050:20180628212940j:plain

屋根部分です。

左上:モヤ704 右上:モヤ703

左下:モヤ702 右下:モヤ701

 

f:id:TOQ5050:20180628205953j:plain

海老名寄りの先頭車です。

左:モヤ704(既製品) 右:モヤ702(改造品)

 

さて、完成品の全貌を紹介した所で、ちょっとしたジオラマを作ってみました。

f:id:TOQ5050:20180628210625j:plain

 

自作の高架線に相鉄9000系ネイビーブルーと並べてみました。

そうそう、高架線といえば、2018年秋に星川駅付近が完全高架化され、9か所の踏切が除去されます。

また、20000系に続く新型車両12000系10両1本の導入も予定されています。

今年も来年も相鉄線からは目が離せないでしょう。

今後の動きにも期待です!

 

(近いうちに相鉄20000系でも作ろうかな…?)

2018-04-07 BトレインでMyモヤを作る -Sotetsu Series Moya700 Original Version- Part2

当方多忙により更新が遅くなってしまいました。

前回の続きです。

組み立てる前に紹介し忘れたことがあったのでそこもご紹介。

 

4両あるモヤ700形のうち、モヤ701号車は2011年から集電用とは別に検測用パンタグラフを搭載しています。集電用とは別に搭載されているのでダブルパンタ屋根を用意する必要があります。

(形状は相鉄初採用となる下枠交差型です)

 

f:id:TOQ5050:20180127000117j:plain

屋根のパーツを切り継いで、ダブルパンタ屋根にします。

f:id:TOQ5050:20180225025051j:plain

ダブルパンタ屋根が出来上がったので、いよいよ組み立てます。

もちろん、検測用パンタグラフも取り付けます!

 

f:id:TOQ5050:20180225041357j:plain

 

モヤ701とモヤ702の2両が完成しました。

まだ緑色の帯を貼りつけていませんが、だいぶそれっぽく見えます。

それにしても西武感半端ないって…!

(ヤッパセイブダッタンジャナイッスカネー)

 

 

f:id:TOQ5050:20180225041406j:plain

サイドビュー。

実車に合わせて窓やドアを埋めてみました。

 

実車車両基地内で入れ替えにも使用されているとのことで…、

f:id:TOQ5050:20180225041528j:plain

他形式の車両を引っ張ってもらいました。

かしわ台車両センターでたまに見られる光景ですね。

f:id:TOQ5050:20180306143423j:plain

種車でもある7000系列の車両も引っ張ってみました。

7000系といえば、新型車両20000系導入に伴って一部車両に廃車が発生。

今回は旧7000系だけでなく、新7000系にも初の廃車が発生したんだとか。

 

現在相鉄ではJR直通線向けの12000系を今年度に8本導入する予定であり、20000系はJR直通線が開通した後に仕様変更の上で増備する模様。時間がかかりそうですが、その頃には7000系列も姿を消していると思われます。

 

せっかくなので、各形式を並べてみました。

f:id:TOQ5050:20180306135541j:plain

 

…とても同じ会社の電車とは思えない統一感の無さ…

カラーリングの個性が強く表れていることが伺えます。

(ちなみに実車においては赤い旧塗装とネイビーブルーの共演はあまりなかったそうな)

 

f:id:TOQ5050:20180306135655j:plain

 

個性が強すぎる、日本最小の大手私鉄の電車達。

都心直通という大きなステージを前に、彼らは何を思っているのでしょうか…?))

 

次回は緑の帯を張り付けた完成品と実際に発売された物と比較してみようかなと思います!

 

にほんブログ村ブログランキングに参加中!★

 もし良かったらワンクリックお願い致します!

 

アクセスカウンター