Mori@Forestのイロイロブログ

鉄道、外出、写真撮影が好きな高校生のブログです。

俺のブログへようこそ!  こんな記事ですが、ゆっくりしていってください! Welcome to my blog. The language in this blog is Japanese only.
アクセスカウンター
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

BトレインでMyモヤを作る -Sotetsu Series Moya700 Original Version- Part1

えー、平成30年「度」最初の更新でございます。

 

まず最初に、ワールドうごメモギャラリーが4月2日をもってサービス終了したそうです。

僕自身は配信がスタートしてから1年半程しかやっていないこともあり、あまり思い入れがありませんでしたが、やはり終わってしまったのは残念に思います。

現地点でSwitchにてうごメモが配信される情報はありませんが、果たしてどうなるのでしょうか・・・!?*1

 

さて、平成30年「度」の最初の更新は某ブロガーさんに便乗して改造Bトレの制作記を紹介したいと思います!

(大事なことなので2回言いました)

 

普段この手の記事はYahoo!!ブログの方で公開していますが、今回は特別編(いま決定)ということでご紹介!

今回作るのは…、

 

f:id:TOQ5050:20151231153548j:plain

 

車庫内での入れ替えや架線検測など、相鉄線の運行を陰で支える相鉄線の事業用車、モヤ700形です!

(最近相鉄関連の記事ばかりな気がする…作ってて思ったw)

 

都心直通を機に「YOKOHAMA NAVY BLUEという高級感あるカラーリングになりつつあるなか、未だに黄色いボディで走っています。

(まあ事業用車は基本的にどこも黄色いですからね)

 

 ん、どこかで見たことあるようなデザインだな…と思った人もいるかもしれません。

実はこの車両、新しく作られたという訳ではありません。元々この車両は…、

 

f:id:TOQ5050:20160731133447j:plain

 

相鉄線最古参、旧7000系なのです!

今回は実車同様、旧7000系魔改造してモヤ700形を作り上げますっ!

 

ところでこのモヤ700形、奇数号車と偶数号車で顔が違うのを皆様はご存知でしょうか。

 

f:id:TOQ5050:20180127000010j:plain

こちらが701号車の種車です。奇数号車は貫通扉ありです(703号も同じ)

7000系の先頭車です。この車両を塗装変更・屋根を改造します。

(写真に写ってはいませんが、台車レリーフも取り付けます)

 

f:id:TOQ5050:20180126235816j:plain

702号車。701号車とユニットを組んで走ります。偶数号車は貫通扉なしです(704号も同じ)

この顔つき…10年前まで福知山を走っていたあの車両を思い出させるようなスタイルです…w

仕様統一のため、この車両にも手を加えます。*2

 

まずは、モヤ701号を作ります。

 

f:id:TOQ5050:20180127000253j:plain

 

モヤ701号の種車となる車体を分解。

 

f:id:TOQ5050:20180225024413j:plain

 

分解した後は写真のように黄色の塗料を大胆に塗ります。

(なんか、西武の黄色い電車にめっちゃ似てますね…w)

 

f:id:TOQ5050:20180225014457j:plain

 

f:id:TOQ5050:20180225021432j:plain

モヤ701号となる顔の部分は行先・種別・運番表示も全部埋めます。

黄色い部分はミスターホビーカラー、銀色の部分はガンダムマーカーを使用しました。*3

 

さて、実際に組んでみるとどうなったのでしょうか?

それはまた次回のお楽しみにしましょう!

 

にほんブログ村ブログランキングに参加中!★

 もし良かったらワンクリックお願い致します!

 

*1:ちなみにDSiうごメモはてな)は2008年12月~2013年5月の4年5か月、3DSワールドうごメモギャラリー)は2013年7月~2018年4月の4年9か月とDSi時代と比べると長続きしたらしい。それでも夕方と夜以外は有料だったり、一定の条件を満たさないとすぐに削除されるというルールは賛否両論でした。

*2:非貫通扉の顔を持つ702号車と704号車のライトは新6000系の廃車発生品を使いまわしているんだとか。

*3:銀色の部分を再現する上で使ったこのペン、作者は「魔法のペン」と名付けていたりしますw

アクセスカウンター