Mori@Forestのイロイロブログ

鉄道と模型と旅行が好きな大学生のブログです。

俺のブログへようこそ!  こんな記事ですが、ゆっくりしていってください! 鉄道コム参加中! Welcome to my blog. The language in this blog is Japanese only.
アクセスカウンター
鉄道コム

2019年の神奈川の鉄道を振り返る

今年もあとわずか、神奈川の鉄道では色々なニュースがありました。

今年最後の記事は、そんな2019年の神奈川の鉄道を振り返ります。

 

 

3月 京急大師線 産業道路~東門前間地下化

f:id:TOQ5050:20190303135434j:plain
京急大師線のうち、産業道路駅付近が3月3日に地下化。

今回の地下化により、開かずの踏切と言われた産業道路第一踏切が廃止となりました。

切り替え前日と当日では多くの見物客が大師線を訪れました。

大師線では東門前~川崎大師間においても地下化が発表されており、いずれの区間が地上から姿を消す日もそう遠くはないでしょう。

 

3月 シーサイドライン 30年越しの全線開業

f:id:TOQ5050:20190622012752j:plain

3月31日、シーサイドライン金沢八景仮駅から京急線に直結する本駅間が開業。

折しもシーサイドラインは2019年で開業30周年という節目の年を迎え、30年越しの全線開業を果たしました。

 

4月 平成最後の新型車両 相鉄12000系デビュー

f:id:TOQ5050:20190623123815j:plain

4月27日に相鉄12000系が登場。

半年後に予定されていた相鉄・JR線直通線向けの車両で、既存の車両を置き換えるとともに直通に備えました。

年明けにもう1本が製造され、相鉄12000系は全て揃う予定です。

 

5月 令和最初の小田急ファミリー鉄道展 初代SE車とGSEが最初で最後の競演

f:id:TOQ5050:20190623131259j:plain

5月25日に開催された小田急ファミリー鉄道展では、初代SE車3000形とGSEこと70000形が初めて並べて展示されました。

ロマンスカーミュージアム展示に向け、一部車両が解体されることになったSE車こと小田急初代3000形。

初代ブルーリボン賞に輝いたSE車と令和最初のブルーリボン賞に輝いたGSEの並びは小田急の歴史を感じさせるものでした。

 

6月 京急800形 引退

f:id:TOQ5050:20190623132158j:plain

昔ながらのスタイルを最後まで守り続けた、京急800形が6月16日の団体貸切電車を以って引退。およそ40年にわたる歴史に幕を下ろしました。

東大手私鉄の通勤型電車から片開きドアの車両が全て引退。

翌日からは京急のホームドア設置がものすごい勢いで進むことになりました。

 

7月~9月 神奈川県内で鉄道事故が相次ぐ

f:id:TOQ5050:20190731172843j:plain

今年の夏は県内で鉄道事故が多発。あまりの事故の多さに不安になった方も多いでしょう。

鉄道会社の中には、今回の事故によって対策に不備があったことも発覚したそうです。東京オリンピックが近い中で、更なる事故対策が求められます。

 

10月 相鉄旧7000系 引退

f:id:TOQ5050:20190506220255p:plain

相鉄旧7000系のラスト1編成、7710Fが10月を以って引退。

かつて相鉄のカラーリングだった赤い塗装は、直通開始を待たずして見納めになりました。

今年は似たような車体を持つ新7000系にも廃車が発生。

現在はVVVFインバータ制御の車両が残るのみですが、それらの車両も先は長くないでしょう。

 

11月 東急目黒線3020系デビュー

f:id:TOQ5050:20190608012516j:plain

11月22日に東急目黒線にて3020系がデビュー。

相鉄線との直通運転に向けた車両で、2020系をベースとしているのが特徴。

また、既存の車両も直通に向けた改修工事が進められています。

 

11月 相鉄 悲願の都心乗り入れ果たす

f:id:TOQ5050:20191227013148j:plain

相鉄にとって悲願だった都心乗り入れが11月30日にスタート。

県内では久々の新駅である羽沢横浜国大駅も開業し、鉄道史に新たな1ページが刻まれました。

将来的には新横浜駅に繋がり、東急線などにも乗り入れる予定です。

 

12月 東海道線特急踊り子、世代交代

f:id:TOQ5050:20191204165406j:plain

長らく踊り子として活躍を続けていた185系スーパービュー踊り子でおなじみの251系。

その両形式の置き換えが明らかになりました。

251系は「サフィール踊り子」用のE261系に、185系は中央線特急から転用されたE257系によってそれぞれ置き換えられることに。

また、スーパービュー踊り子の列車名もサフィール踊り子のデビューを前に消滅することになりました。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

来年は東京オリンピックが開催されるので、更なる鉄道網の変化が予想されます。

来年もそんな鉄道を私は追い求めていきたいと思います。

 

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

 

2019.12.21 5年ぶりに京王れーるランドへ行ってきた。

今年もあとわずか。

2010年代最後のコミケで大いに盛り上がっているでしょう。

(オリンピック終って落ち着いた頃に行こうか…)

 

さて、先日京王れーるランドに行ってきたので、その様子を紹介。

ちなみに約5年ぶりの訪問となります。

 

f:id:TOQ5050:20191227014008j:plain

ということでやってきたのは多摩センター駅

京王・小田急多摩モノレールの3路線が乗り入れる多摩市の中心駅です。

しかし今回は京王ではなく、多摩モノレールに乗車。

*1

*1:多摩モノレールの場合は270円で所要時間は15分だが、京王を利用する場合、調布経由で330円。所要時間はなんと33分

続きを読む

2019.11.30 相鉄に革命が起きた日 -相鉄・JR直通線開業当日-

京都旅行から1週間が経ち、相鉄線に革命が起きました。

それは、相鉄とJRが相互直通運転を開始すること

 

長いこと都内に乗り入れることが無かった相鉄が、

JRの力を借りて都内に乗り入れを果たすことになりました。

今回はその開業日当日の様子をご紹介。

 

まずは横浜駅へ。

f:id:TOQ5050:20191227013109j:plain

特急停車駅に注目すると、前日まで通過していた西谷駅が停車駅に追加されています。

特急を止めることで、横浜方面と新宿方面相互の乗り換えがしやすくなるんだとか。

*1

 

車内に入ります。

*1:ただし急行は従来通り通過

続きを読む

2019.11.23 令和元年に行く、はじめての京都。2日目後編

この記事は前回の続きです。

先にこちらを読むことをおすすめします。

toq5050.hatenablog.jp

 

前回は京津線に乗りつつ京都てっぱくへ行きました。

さて、2日目の午後は叡山電車(以下えいでん)に乗ります。

 

f:id:TOQ5050:20191209003145j:plain

ということでやってきたのは出町柳駅

駅の近くを流れているのは鴨川で、かつて京阪電車は鴨川の堤防上を走っていたそうです。*1

さて、えいでんに乗車!…とその前に。

*1:1987年5月24日に地下化。その後は地下鉄東西線開業を経て現在に至る。

続きを読む

2019.11.24 令和元年に行く、はじめての京都。2日目中編

この記事は前回の続きです。

先にこちらを読むことをおすすめします。

toq5050.hatenablog.jp

 

さて、前回は京阪大津線の様子を紹介しました。

今回はいよいよ京都鉄道博物館(以下京都てっぱく)へ。

 

f:id:TOQ5050:20191209002800j:plain

プロムナードでは、3種類の列車がお出迎え。

いずれも東京~大阪間のスピードアップに貢献した名車たちです。

続きを読む

2019.11.24 令和元年に行く、はじめての京都。2日目前編

この記事は、下の記事の続きです。

下の記事を先に読むことをおすすめします。

toq5050.hatenablog.jp

 

前日は嵐電龍安寺金閣寺を見に行き、最終的に嵐山へ至りました。

2日目は京都鉄道博物館叡山電車沿線へ。

 

f:id:TOQ5050:20191209002413j:plain

ホテルにモーニングビュッフェのサービスがあったので、ここで朝食。

久しぶりの食べ放題。腹いっぱいになるくらい頂きました。

(ちなみに、近江牛のカレーがすごく美味かったです笑)

続きを読む

2019.11.23 令和元年に行く、はじめての京都。1日目後編

この記事は、下の記事の続きです。

下の記事を先に読むことをおすすめします。

toq5050.hatenablog.jp

 

 

1日目午前は京都駅から出発し、嵐電を乗り継ぎ、龍安寺に至りました。

午後は金閣寺を見に行き、最終的に嵐山を目指します。

 

 

龍安寺から金閣寺へ移動するにあたり、駅まで戻って嵐電に乗ろうと考えましたが…、

Googleマップで調べてみると、駅には向かわず直接行った方が時間短縮になることが判明。(徒歩で行っても途中でバスを使っても16分しかかからないみたいです)

「きぬかけの道」という道を通ることで金閣寺まで行けるようです。

 

続きを読む

アクセスカウンター
鉄道コム